高校生時代に文科系の文科系の部活に所属していたのですが、そのときの部活には部員がひとりもおらず自らがんばっていました。

私が学生時代に夢中になっていたことは、部活だ。ハイスクール時代に文科系の文科系の部活に所属していたのですが、そのときの部活には隊員がひとりもおらず自らがんばっていました。たまたま、2年生に進学以降は新入部員も入りました。部活での没頭は、おもにイラストを描いたりなどでした。隊員は初めに私単独だったのが、3人隊員が入り4人になりその後もゆったり増えていきました。水彩挿し絵、えんぴつ挿し絵などさまざまなものを描いていました。とくにジャンルもなかったので自由に描いていました。2時に一度の因習祭のお日様には部室を特設置き場に改築して品物を展示したりしていました。おもに展示していたのは俺が好んでいたこともあって空論挿し絵品物がほとんどでした。日々描いて行く時折、自分のラフファッションおもうことや描いた考えから品物をつくっていきました。作った品物には旦那々に思い思いの品物が出来上がっていました。ラフファッション苦労することも多かった結果、さまざまな品物ができました。http://david-friedman.com/